ダイエット停滞期を乗り越えろ!

停滞期とは

ダイエット中の体重チェックは必須ですが、これを毎日グラフに記入しておくと、

過去と現在の体重差が一目瞭然。グラフが右肩下がりになっていれば毎日のダイエットに対するモチベーションも上がります。

 

毎日順調に体重が落ちてくれればいいんですけど、そうもいかないのが現実。
順調に下がっていても、あるとき全く体重が減らないという時期は誰にも訪れるもの。
これが、「停滞期」と呼ばれる時期です。

 

もし停滞期がなければ、毎日のダイエットにやる気も起こるし楽めますよね。
日々の努力が報われて、大きな達成感を感じながらダイエットを継続できれば、目標達成への近道になります。

 

ということは、

 

停滞期対策をきちんと行なえばダイエットの成功率も上がるということ!

 

まずは停滞期という時期がなぜ起こるのかを理解して、そのときに備えましょう。

 

 

停滞期が訪れる原因

人は摂取カロリーが基礎代謝を下回ったとき(いわゆる「飢餓状態」になったとき)、
基礎代謝を抑えて、飢餓状態から逃れようという反応が起こります。

 

たとえば、山で遭難した人が、少しのチョコレートだけで数日間飢えをしのいで生きのびた、といったニュースが時々ありますよね。1日の摂取カロリーが極端に少なくても、エネルギーをあまり消費しないように代謝を悪くすることで人は生きようとします。

 

このような防衛の反応を「ホメオスタシス効果」といいます。
停滞期は、主にこの「ホメオスタシス効果」が原因となって引き起こされます。
ホメオスタシス効果は人間が生きていくための正しい機能なので、決して悪い反応ではありません。

 

 

ダイエット中に停滞期を起こさせないためには?

ホメオスタシス効果は、1ヶ月で体重の5%以上を減量したときに最大限に働くといわれています。
ですので、反対に考えると、体重の5%以内を目安に
一ヶ月のダイエット目標を立てることが停滞期対策に繋がるということです。

 

緩やかに痩せていくことは健康のためにも理想的ではありますが、
逆に現在太りすぎていると感じている方はそうは言っていられないでしょう。

 

それでは、次に停滞期になってしまったとき、それをどう乗り越えていくべきかを見ていきます。

 

 

ダイエット停滞期は乗り越えられる!

まず、停滞期に入ったということは、これ以上摂取カロリーを抑えても逆に脂肪をつけようとする

からだの本能が働くので逆効果になります。
かといって、基礎代謝が落ちているところにダイエット開始前と同じような食事を摂ってしまっては、
確実にリバウンドが起こります。食べなくてもダメ、食べすぎもダメ。

 

じゃあいったいどうすればいいの?

 

 

答えは、そのまま、今までのダイエットを継続するということ。
しばらく停滞期が続くと、「飢餓状態じゃなくて、ダイエットしてただけだったのか〜…なーんだ、安心した!」と、
命の危険ではないことを体が理解し、ホメオスタシス効果を消してくれます。
そして停滞期は一度終わりを迎え、次回の停滞期まで順は再び体重が減っていきます。
このように停滞期が現れるということは、摂取カロリーよりも消費カロリーが少なくなってきたという表れなので、

 

停滞期が訪れる=ダイエットがうまく進んでいるという証拠

 

だと考えるようにしましょう。

 

 

この停滞期の期間は個人差があるので一概に何日間とはいえないのですが、
数週間〜長いと数ヶ月かかることもあります。だけど、ダイエットをあきらめずに続けることで乗り越えられるので、
目標体重に達したいのであれば決して途中放棄はしないでくださいね。

 

浜田ブリトニーさんのベジライフ酵素液を使ったダイエットでも、
2ヵ月半で2度の停滞期を迎え、その後見事に10kgのダイエットに成功しているんですから!

 

 

私もベジライフ酵素液で停滞期を乗り越えらましたよ^^ 体験談はこちら!