酵素ダイエット中に頭痛を感じてしまったら

 

たまに、酵素ダイエットをしたら頭痛に悩まされるようになったという声を聞くことがあります。

 

多くの人が「体に良い!」「体調が良くなった!」と言っているのに、どうして頭痛を感じることがあるのでしょうか。

 

酵素ダイエット中に頭痛を感じるのには3つ原因が考えられます。

 

 断食中、酵素ドリンクを飲む量が少なすぎる

 

酵素ドリンクの飲む量が少ないと血糖値が下がります。
血糖値が下がってしまうと代用エネルギーとして体内の脂肪が分解され始めます。
こういうサイクルの代謝状況が頭痛や目眩、吐き気や下痢などを引き起こす原因となるのです。
酵素ドリンクの量が少ないと、低血糖と脂肪分解のサイクルのバランスが取れないということなのですね。
酵素断食の際には、規定量を守ってきちんと栄養を摂取するようにしましょう。

 

ホルモンバランスの乱れが原因

 

酵素ダイエットを始めるとホルモンバランスが乱れてしまう人がたまにいます。
女性で言うと生理が始まる直前や更年期の人は特に多いです。
ちょうどその時がホルモンバランスの乱れやすい時期だからでしょう。
酵素ダイエットはじめるのであれば、生理後の2週間以内がベストだと言えます。

 

一度に沢山の量の酵素ドリンクを飲んでしまった

 

美味しいから、少しでも多くの効果を得たいからという理由から
表記通りの量以上を飲んでしまった場合、頭痛を伴う可能性があります。
なぜなら、一度にいっぱい飲んでしまうと血糖値が急激に上がります。
そうすると心肺機能に異常が生じ、血圧が上がります。
それが頭痛へと繋がるのです。

 

 

通常、断食ダイエット自体が栄養状態を極端に落としてしまうので
体調を崩しやすく、オススメできないダイエット方法とされています。
それでも健康的に認められ、断食ダイエットがオススメされているのは酵素ドリンクがあるからなのです。
頭痛を起こさないように、対処しながら酵素ダイエットを活用してください。